ハンドメイドクラフト手芸資格サイトイメージ

メルカリ、フリルなどで盛り上がるフリマ市場、ハンドメイドクラフトが今熱いってご存知でしたか?副業として利益を出す方が増えいています!当サイトでは、ハンドメイドクラフトで利益を上げるためのコツや、スキル・アップに有効な資格講座の受講のメリットなどをわかりやすく解説してきます。フリマでも活用できる実用的なハンドメイドクラフト手芸資格おすすめ

MENU

ハンドメイドクラフトをするのに必要な道具

ハンドメイドクラフトをするのに必要な道具

女性なら手芸のスキルを少しでも身につけておきたいと思うものです。そのため、ハンドメイドクラフト資格を目指し、ハンドメイドや手芸に必要な基本的な知識やスキルを学んでいる人は少なくありません

実生活でも役立てることができ、作品を作成し副業することもできます。では、ハンドメイドクラフトに必要となる道具はあるのでしょうか?

ハンドメイドクラフトとは?

ハンドメイドクラフトには編み物や洋裁、工芸、刺繍、パッチワーク、皮工芸などさまざまなものが含まれます。これらハンドメイトは、何を作るかにより、工程はもちろんのこと、使用する道具や材料も異なってきます。

ですから、まずは自分が何を製作したいのか、という点を明確にしてから道具や材料を揃えると良いでしょう。

ハンドメイドクラフトをするのに必要な道具とは?

作成したい作品によって必要な道具が変わってきます。たとえば、何かを編む場合には、糸とかぎ針や編み棒が必要となります。布や糸に色をつけたい場合には、染料を用意する必要があるでしょう。

クッションを作りたければ、ミシンや布、糸が必要ですし、可愛くデコレーションをしたければビーズなどの装飾品も必要です。

手芸には大きな作品であるカーテンから小さな作品である小物までさまざまな種類が含まれます。

クラフトセット込みの通信講座でハンドメイドクラフトを本格的に学んでみよう!

ハンドメイドクラフトに作品の作成がはじめてという方は、すでにクラフトセットが教材に含まれている「諒設計アーキテクトラーニング」の「ハンドメイドマイスターW資格取得講座」を受講すれば、道具を揃える必要なく、実際にハンドメイドクラフト作品の作成にチャレンジすることができます。

学習テキストに沿って、毎日30分程度、少しづつ自分のペースで作ることができます。講座は2つのハンドメイドクラフト資格に対応している内容となっているので、作品を作りスキルを身に付けながら、専門的な知識も習得することができ、2つの資格取得を目指せるレベルまで上達することが可能です。

まとめ

ハンドメイドクラフトは、作りたい作品によって必要となる道具が異なってきます。なので、何を作成したいかを明確にし、その後、必要な道具を用意する必要があるでしょう。

ハンドメイドクラフトが初めての方は、すでにクラフトセットが教材に含まれている諒設計アーキテクトラーニングの講座の受講がおススメです。

ハンドメイドクラフト資格W取得講座


  • TOP