ハンドメイドクラフト手芸資格サイトイメージ

メルカリ、フリルなどで盛り上がるフリマ市場、ハンドメイドクラフトが今熱いってご存知でしたか?副業として利益を出す方が増えいています!当サイトでは、ハンドメイドクラフトで利益を上げるためのコツや、スキル・アップに有効な資格講座の受講のメリットなどをわかりやすく解説してきます。フリマでも活用できる実用的なハンドメイドクラフト手芸資格おすすめ

MENU

ハンドメイドクラフトを売る時の注意点

ハンドメイドクラフトを売る時の注意点

ハンドメイドクラフト作品を販売する際には、インターネットをで販売するにしてもイベントに出店して販売するにしても、売る時に注意すべき点があります。

商品を販売してお金をもらう側となるので、売る際には十分気を付ける必要があります。では、どんな点に注意すべきなのかみてみましょう。

売る前に完成作品を必ずチェックすること!

当たり前のことですが、ハンドメイドクラフト作品を売る前には、必ず完成品を確認しましょう。それには縫い忘れ、待ち針の取り忘れ、ほつれなどの確認が含まれます。また、すぐに壊れないか、細かな点もひとつずつチェックしましょう。

また、染色をした場合、欠けている部分はないかしっかりチェックしましょう。このように完成品を必ずチェックすることで、完璧な作品を売ることができ、後にトラブルが生じるような出来事を回避することができます。

作品にあったパッケージを工夫して作ろう!

ハンドメイドクラフト作品を売る際には、パッケージにも注意して売る必要があります。パッケージが適当なものだと、どんなに良いハンドメイドクラフト作品でも魅力が軽減してしまいます。つまり、パッケージも作品の魅力を際立たせる大切な部分であるということです。

もしどのようなパッケージにしたらよいかアイデアが思い浮かばないなら、他のハンドメイドクラフト作家のパッケージを参考にすることができるかもしれません。

著作権に気をつけて販売すること!

ハンドメイドクラフト作品を出店している方の中には、某有名なキャラクター絵や販売されている布をそのまま使用して製作し、出品している方もいます。しかし、キャラクターの絵には、それを製作した会社に著作権があります

また、それが描かれている布にもデザイナーが存在しています。ですから、キャラクター系だけでなく、著作権には注意してトラブルに巻き込まれないよう気を付けましょう。また、インターネットのサイトやイベントで販売をする際には、それぞれの販売規約を必ず守りましょう

まとめ

ハンドメイドクラフト作品を販売する相手には、さまざまなタイプの人がいます。長く販売を続け、利益を得るためには、お客様のことを第一に考えて、完璧な作品を売る心構えで活動していくようにしましょう。

そうすることで、人気のあるハンドメイドクラフト作家として成功でき、結果として利益アップへとつなげることができます。


  • TOP