ハンドメイドクラフト手芸資格サイトイメージ

メルカリ、フリルなどで盛り上がるフリマ市場、ハンドメイドクラフトが今熱いってご存知でしたか?副業として利益を出す方が増えいています!当サイトでは、ハンドメイドクラフトで利益を上げるためのコツや、スキル・アップに有効な資格講座の受講のメリットなどをわかりやすく解説してきます。フリマでも活用できる実用的なハンドメイドクラフト手芸資格おすすめ

MENU

ハンドメイドクラフトのデメリットとリスク

ハンドメイドクラフトのデメリットとリスク

少し前まではハンドメイドクラフト作品を販売する場所は限られていましたが、最近はインターネットWEBサイトやアプリなどで気軽に販売することもできるようになりました。

そのため、副業でハンドメイドクラフト作品を作成している方も少なくありません。ハンドメイドクラフトのデメリットやリスクはないのでしょうか?

ハンドメイドクラフトのデメリットとは?

今や誰でも簡単にハンドメイドクラフト作品を出品できる時代になりましたが、その反面、WEBサイトやアプリには膨大な作品が出品されています。

なので、せっかくオリジナルティに溢れている作品を作成しても、その作品がお客様に知ってもらえるという保証はありません

特にアクセサリーの場合、類似品がたくさんある中から選んでもらうわけですから、お客様の心を掴むことができるよう写真の撮り方など一工夫する必要があります。

また、売れる作品は自分が作りたいモノではなく、需要があるモノを作成する必要があることも念頭にいれておく必要があります。

ハンドメイドクラフトに伴うリスクとは?

ハンドメイドクラフト作品を作成し、それを販売する上ではさまざまなリスクが伴います。みなさんは、製造物責任法、つまり、PL法をという法律をご存知ですか?

これは、販売する製品を通して消費者にケガや健康被害を負わせてはいけない、という法律で、商品の安全性や耐久性を考慮するよう促しているものです。

これはハンドメイドクラフト作品を販売する際にも適用されるもので、どんな作品でも安全性と耐久性を考慮して作成し、販売しなければいけません。

特にアクセサリーの場合、金属と表記しないで販売し、お客様にアレルギー症状がでてしまうとトラブルが生じる可能性があります。

ハンドメイドクラフトをネットで売るデメリットとリスク

ハンドメイドクラフト作品をWEBやアプリで販売すると、他の作品と比較されやすい、というデメリットがあります。また、販売手数料や振り込み手数料がとられるため、売上金が思っているよりも伸びないという点もあります。

さらに、商品が売れると発送の準備や商品の質問への解答、発送方法など連絡をこまめにしなければならないのもデメリットと言えます。

まとめ

ハンドメイドクラフトにはたくさんのメリットもありますが、デメリットやリスクも伴います。その両方を考慮した上で、ハンドメイドクラフト作品を作成し、販売する必要があるでしょう。


  • TOP