ハンドメイドクラフト手芸資格サイトイメージ

メルカリ、フリルなどで盛り上がるフリマ市場、ハンドメイドクラフトが今熱いってご存知でしたか?副業として利益を出す方が増えいています!当サイトでは、ハンドメイドクラフトで利益を上げるためのコツや、スキル・アップに有効な資格講座の受講のメリットなどをわかりやすく解説してきます。フリマでも活用できる実用的なハンドメイドクラフト手芸資格おすすめ

MENU

ネットショップでハンドメイドクラフトを販売してみよう

ネットショップでハンドメイドクラフトを販売してみよう

ハンドメイドクラフト作品を作成したら、いよいよ販売です。

販売方法はいくつかの方法があります。まずはハンドメイドクラフト作家としてのスタートを切るには、あまりコストがかからないインターネットを利用したネットショップやサイトを利用すると良いでしょう。

では、どのようにネットショップで販売できるかみてみましょう。

ネットショップに出品しよう!

ネットショップは近年、続々と新しいサイトやアプリが登場しています。ハンドメイドクラフト作品を販売する定番の方法とも言えるでしょう。

ハンドメイドクラフト作品を求めているお客さんがアクセスするので、集客力の高さが一番のメリットといます。しかし、その反面、何百万点という作品の出品があるので、自分の作品を知ってもらうため一工夫する必要があります。

魅力的な作品を作成することはもちろんのこと、商品の魅力を引き出すことができる写真を撮影することや、価格設定も重要となってきます。

メジャーなネットショップやアプリとは?

テレビでCMを流している「minne(ミンネ)」は、認知度が高いので多くの方がご存知のことでしょう。350万店以上の商品が出品されている魅力的なネットショップです。売り上げの10.5%が手数料となっています。

また、月間100万人以上のユーザーが集まる「Creema (クリーマ)」は、幅広い年齢層に親しまれています。売り上げの12.6%が手数料となっています。

主婦を中心に人気の「tetote(テトテ)」は、ベビー・キッズ用品が人気となっています。売り上げの12.6%が手数料となっています。

自分のネットショップを運営するのもアリ?!

ハンドメイドクラフト作家として、継続して活躍していくことを考えているなら、手数料がかからない自分のネットショップを持つことを検討してみてはいかがでしょうか。

リアル店舗よりも低コストで開業することができ、幅広い範囲でネットを介して販売することができます。お客様が作品を気にいってくれればリピーター顧客になってくれる可能性もあります。

TwitterやインスタグラムなどのSNSを上手に利用して積極的に宣伝することで顧客数を伸ばしていくことができます。

まとめ

今やハンドメイドクラフト作品は、ネットショップで販売することが定番となっています。ハンドメイドクラフト作品を求めているお客さんがアクセスするので、集客力が高いことが一番の魅力です。

他の出品者に負けない魅力的な作品を作成し、ネットショップで販売してみませんか?


  • TOP