ハンドメイドクラフト手芸資格サイトイメージ

メルカリ、フリルなどで盛り上がるフリマ市場、ハンドメイドクラフトが今熱いってご存知でしたか?副業として利益を出す方が増えいています!当サイトでは、ハンドメイドクラフトで利益を上げるためのコツや、スキル・アップに有効な資格講座の受講のメリットなどをわかりやすく解説してきます。フリマでも活用できる実用的なハンドメイドクラフト手芸資格おすすめ

MENU

インターネットでハンドメイドクラフトを売る時のポイント

インターネットでハンドメイドクラフトを売る時のポイント

ハンドメイドクラフト作品をインターネットのWEBサイトやアプリで販売することは、今や常識となりつつあります。多くのサイトがあるので、どれを選べばよいか悩んでしまうほどです。

では、インターネットを利用して販売する際のポイントは何でしょうか?成功するポイントをみてみましょう。

コンセントやターゲットをを明確にすること。

自分の作品を販売すると決めたら、売れる作品を作ることが大切です。ハンドメイドクラフトと一口で言ってもさまざまな種類が存在しています。たとえばあるサイトではカテゴリだけでも12以上に分かれています。

それにはアクセサリー、家具・インテリア雑貨、食器・キッチン雑貨、ペットグッズ、ファッション、ウエディング、バッグなどのジャンルに分かれています。

そのため、自分らしさを表現できる作品はどのジャンルに、つまり、どのようなコンセプトを持たせるか、という点を最初の段階で明確にする必要があります。

また、販売したいターゲットを決めて、その層のニーズに応えることができるような作品を作成し、出品することも大切です。

写真撮影にポイント!

販売用の写真は、商品の魅力を伝える唯一の手段なので、とても重要です。初心者の方は、白背景で撮ると良いでしょう。また、最低でも2つの照明を利用し、レフ版で正面から光を当てましょう。

手ぶれが心配な方は、三脚を使用して撮影するとうまく撮れやすいでしょう。商品の魅力を際立たせるために、小物雑貨を使用して撮影するのも良い方法です。

手書きメッセージカードを同封する!

商品が売れたら、作品の発送時に手書きのメッセージカードを同封するのも良いアイディアです。なぜなら、お客様の満足度をアップさせることができ、リピーター顧客へとつなげることができるからです。

手書きのメッセージカードは、ハンドメイドクラフト作品らしいあたたかさを感じることができ、作品をより魅力的に見せることができます。

また、お客様を大事にしていることが伝わり、次回の購入へとつなげることができるのがメッセージカードの魅力です。是非、売ったらそれっきりだけでなく、メッセージカードで思いを伝えるようにしましょう。

まとめ

インターネットサイトやアプリでは、ひとつのサイトでも何万点と作品が出品されています。

ですから、ひとりでも多くの方に作品を知ってもらうことができるように工夫をし、リピーター顧客がつくようにメッセージカードの同封も忘れないようにしましょう。


  • TOP