ハンドメイドクラフト手芸資格サイトイメージ

メルカリ、フリルなどで盛り上がるフリマ市場、ハンドメイドクラフトが今熱いってご存知でしたか?副業として利益を出す方が増えいています!当サイトでは、ハンドメイドクラフトで利益を上げるためのコツや、スキル・アップに有効な資格講座の受講のメリットなどをわかりやすく解説してきます。フリマでも活用できる実用的なハンドメイドクラフト手芸資格おすすめ

MENU

ハンドメイドマイスター資格(JDP)

クラフトハンドメイドマイスター資格(JDP)

インターネットの普及に伴い、クラフト作品を個人でネットを利用し、販売している方が増えています。クラフト作家として成功している方も少なくありません。

その際にあると役立つのが、「ハンドメイドマイスター」資格です。どのような資格なのかみてみましょう。

ハンドメイドマイスター資格とは?

「ハンドメイドマイスター」資格は、日本デザインプランナー協会(JDP)が主催している民間資格です。この資格には、クラフト業界で幅広く活躍するための専門的な知識やスキルがあることを証明する資格です。

近年、個人でクラフト作品を作り、販売サイトなどのビジネスが年々拡大されています。それに伴い、クラフトハンドメイド作品を作る方が増えています。

今後、ますます需要が高まることが予想されるクラフト業界で活躍するため、ハンドメイドマイスター資格を取得していると活動の幅を広げることができること間違いありません。

ハンドメイドマイスター資格の評判

最初は趣味で始めたクラフトハンドメイドも、資格を取得することで個人作家として活動することができ活動の幅が広がった、と多くの方から声が寄せられています。

独学で作品をすでに作ることができているとしても、資格取得のために一からクラフトハンドメイドについて学ぶことで、さらなる知識を深めることができ、ビジネスにつなげることができた、という方も少なくありません。

自分のスキルを知るため、または、スキルアップのために資格取得を目指す方もいます。

ハンドメイドマイスター資格を取得するには?

ハンドメイドマイスター資格を取得するには、認定試験を受験して合格することが必要です。受験資格は特に求められていないので、だれでも自由に受験できます。受験申請は各自インターネットで公式サイトにアクセスして申し込みを行います。

受験方法は、自宅での在宅受験を採用しており、受験料は消費税込み10,000円となっています。試験は年に6回、2月、4月、6月、8月、10月、12月の2ヶ月に1回実施しています。正答率70%以上で比較的合格しやすい上、履歴書にも記入できる資格となっています。

まとめ

ハンドメイドマイスター資格を取得すれば、今後ますます需要が高まることが予想されるクラフト業界で幅広く活躍することが可能です。

また、作品を販売する上で、お客様との信頼関係を築きやすく、ビジネスを成功へと導くことができます。今のうちにハンドメイドマイスター資格の取得を目指しておくのはどうでしょうか?

紹介サイト:https://www.designshikaku.net/test/craft/

ハンドメイドマイスター資格


  • TOP