ハンドメイドクラフト手芸資格サイトイメージ

メルカリ、フリルなどで盛り上がるフリマ市場、ハンドメイドクラフトが今熱いってご存知でしたか?副業として利益を出す方が増えいています!当サイトでは、ハンドメイドクラフトで利益を上げるためのコツや、スキル・アップに有効な資格講座の受講のメリットなどをわかりやすく解説してきます。フリマでも活用できる実用的なハンドメイドクラフト手芸資格おすすめ

MENU

ハンドメイドクラフト資格がなくてもいい事例

ハンドメイドクラフト資格がなくてもいい事例

今、ハンドメイド業界は人気が上昇している一方で、テレビなどのメディアでも取り上げられるほどです。特に主婦を中心に副業としてしている方が多く、稼ぐことができるプチ起業、というイメージを持っている方も少なくありません。

ハンドメイド業界で活躍するためには資格が必要なのでしょうか?資格がなくてもいい事例についてみてみましょう。

資格と免許の違いとは?

資格と免許は混同されがちですが、全く異なるものです。免許として知られている車の免許は、保有していないと法に触れることとなります。しかし、資格の場合はそのようなことはありません。

保有している資格は、その能力を第三者が証明しているだけで、資格を保有していなくても法に触れることはありませんし、行動が制限されるというようなこともありません

ハンドメイドクラフト資格がなくてもいい事例とは?

ハンドメイドクラフト資格を保有せずに、作品を出品し、副業やプチ起業をしている方は数多くいます。特に主婦の方を中心に若い女性の間で趣味を活かし、作品を販売しています。

実際、ネットショップやアプリなどでハンドメイドクラフト作品を販売する場合、条件として資格を保有していることは求められていません。

つまり、ハンドメイドクラフト資格を保有していなくても、ハンドメイドクラフト作家として活躍することは可能なのです。

資格を保有していると有利になる?!

ハンドメイドクラフト資格は保有していなくても、作品を出品して販売したり、自宅で教えるなど活動することができます。

しかし、資格を保有していれば、相手を安心させることができるので、資格を保有していない状態よりも有利に物事が運びます

資格は第三者が能力を証明していることを意味するので、作品を購入しようとしている相手に、作品の品質の保証を与えることができ、結果として売り上げの向上につながります

まとめ

ハンドメイドクラフト資格を保有していなくても、ハンドメイドクラフト作家として活躍することは可能です。しかし、資格を保有している方が、有利に事を進めることができます。

資格を保有しないで活躍している方は、この機会に資格取得を目指してみるのはどうでしょうか?また、ハンドメイドクラフト作品を販売することを検討している方も、資格を取得し、お客様との信頼関係を築くために役立てるのはどうでしょうか?

ハンドメイドクラフト資格W取得講座


  • TOP