晴れた空の下でハンドメイドを楽しむ人が急増中!

投稿日2016年11月29日 投稿先 ハンドメイド
クラフト 手芸

家で一人で楽しむ、インドアの趣味の代表格といえるハンドメイド。ですが、このハンドメイドが最近、野外で大勢の仲間と楽しむアウトドアな趣味として注目されているのをご存知ですか?

 

ピクニック+ハンドメイド

 

それがこちら、ピクニックとハンドメイドが融合したイベントです。基本スタイルは、大きな芝生などがある公園などで、広い青空と心地よい風の下みんなでピクニックを楽しむのですが、持ち寄るのはお弁当や飲み物だけではありません。作りたい作品の道具や材料、また作りかけの作品やみんなに紹介したい作品なども各自持ち寄ります。そして、同じハンドメイド好きの仲間たちとおしゃべりを楽しみながら、各自思い思いの作品作りするのです。また、その場でワークショップが開催されることもあり、新たなハンドメイドに触れることもできます。

 

ハンドメイドピクニックはどうしたら参加できる?

 

このような野外でのハンドメイドイベントは全国各地で開催されており、主催しているのは主に、mixiやFacebookなどのSNSのコミュニティー、またハンドメイドイベントやお教室を主宰する団体などです。mixi・Facebook・ブログなどを検索すると、イベント開催のお知らせや、過去に開催した時の様子なども見ることができます。比較的天候が安定している春や秋に開催されることが多いようです。これらのイベントは広く参加者を募っていることが多く、友達お子様連れ、また一人でも気軽に参加できるようになっています。過去の開催の様子を見てみると、お子様連れで参加されたママさんがハンドメイドを楽しむ傍らで、お子様もピクニックを楽しんだりお昼寝をしたりといった様子が見られます。また、お弁当や飲み物、レジャーシートやハンドメイド用具などが持ち寄りのため、参加料も無料または場所代程度と安価なのも参加しやすい大きな特徴です。最寄りの市や県内で開催されているかどうか、一度チェックしてみましょう!過去の開催の様子などを見ればイベントの雰囲気もある程度つかめるかと思います。

 

参加する上での心がけ

 

このように野外でのハンドメイドイベントを楽しむ上で心がけたい点がいくつかあります。野外なのでもちろん天候に左右されます。雨天の場合や判断の難しい天候の場合、イベントによって対応が決まっているので、当日朝もSNSやブログなどのイベントページをチェックするようにしましょう。また、良いお天気でイベントが開催される場合でも風が強いことがあります。ハンドメイドの道具や材料は軽くて飛ばされてしまいやすいので、常にチャック付きのカバンに入れて、風から覆いながら作業できるようにするなどの対策が必要です。レジャーシートいっぱいに広げずに、自分の膝の上でコンパクトに楽しめる工夫をしましょう。これらを心がけて、青空と心地よい風の下、同じハンドメイド好きの仲間たちと共にハンドメイドを楽しんでみませんか?新たなハンドメイド仲間や、トライしたことのないハンドメイドとの出会いも期待できますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です