日本の伝統×流行りの北欧デザイン=こぎん刺し

投稿日2016年11月29日 投稿先 ハンドメイド
クラフト 手芸

日本の青森県津軽地方で発祥した刺繍、こぎん刺し。このこぎん刺しが今、再注目されているのをご存知ですか?布地と針と糸のみで気軽に始められるのはもちろんのこと、こぎん刺しの伝統的な和柄が、色の組み合わせによって流行りの北欧デザインにもなるんです!

 

こぎん刺しとは?

 

こぎん刺しは、布地の織目を利用して刺繍をしていく技法です。江戸時代に、普段着(野良着)に贅沢な布を使うことを許されずに薄い麻の服で過ごしていた人々が、津軽の寒い冬を乗り切るために、麻の粗い織目を木綿糸の刺繍で埋めることで、服の保温性を補ったそうです。基本的には藍染された麻布に白い木綿糸で刺繍します。また、縦の織目を奇数拾って文様を描いていくのが特徴で、当時から伝わる伝統的な和柄は「モドコ」と呼ばれています。

 

現代のこぎん刺しは北欧デザインと相性よし◎

 

このような背景と特徴のあるこぎん刺しですが、今では色とりどりの布地と糸で作られるようになり、文様もモドコに限らず様々な現代風の文様が生み出されるようになりました。そんな中で最近は流行りの北欧デザインのような色合いで作られた作品も多く見られるようになってきました。伝統的なモドコも色を変えるだけでまるで北欧デザインのように!こぎん刺しも北欧デザインも連続した規則的な模様が特徴なので、通じるところがあるのでしょうね。

 

私達の身近にあるこぎん刺し

 

街の雑貨店・ハンドメイドイベント・「minne」「Creema」などのハンドメイドマーケットプレイスサイトでもこぎん刺しの作品を多く見かけるようになってきました。伝統的なモドコと北欧デザイン風の可愛らしさが相まって、若い年代の人たちにも積極的に受け入れられるようになっているようです。

 

こぎん刺しに挑戦してみよう

 

こぎん刺しは、こぎん布・こぎん糸・こぎん針を準備するだけで手軽に始められます。布は目の粗い麻布や、広く刺繍に用いられるコングレスという布地が最適です。織目が数えられればよいので、慣れてきたら作りたい作品のイメージに応じて布地を変えてみるのも良いですね。糸は綿100%で「こぎん糸」として手芸店で手軽に手に入ります。針は、布地の織目に入る程度に先が丸くなっているのが特徴です。クロスステッチの針でも十分に代用できますよ。こぎん刺しのキットを買うと、最適な布地にこぎん糸とこぎん針も付属されているのでオススメです。こぎん刺しで作れる作品には小物も多いので、初心者さんでも安心してトライできますよ。すぐに作れるのが、ボタン・ヘアゴム・ブローチ。手のひらサイズほどの布地に刺繍をして、くるみボタンを使って仕立てをします。慣れてきたら、コースターやランチョンマットのような少し大きめのサイズの作品にトライしてみましょう。これくらいの大きさの作品になると、モドコの規則的な美しさを十分に楽しむことができます。また、がま口ケースやポーチなどのワンポイントとして刺すのも可愛いですよ。好きな音楽と飲み物を用意して、チクチク規則的な文様を刺していく、穏やかで心落ち着く時間。是非おオススメですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です