日本の伝統ハンドメイド

投稿日2016年11月29日 投稿先 ハンドメイド
クラフト 手芸

世界各地に様々なハンドメイドがありますが、今回は日本の伝統的なハンドメイドを集めてみました。独特の淡い色使いや、緻密な細工などから日本の伝統を感じてみましょう。

 

つまみ細工

 

つまみ細工は江戸時代から伝わる手工芸です。正絹やちりめんなどの布地を小さい正方形に切り、つまんだり折ったりして1枚の花びらに見立てながら1輪の花に仕上げていきます。その緻密かつ華やかな作品は、かんざしや髪留めなど髪を彩るアイテムとして昔から用いられていて、東京都指定の伝統工芸にもなっています。最近は現代風にアレンジされてひそかなブームとなっており、ヘアゴムやバレッタなどの他、正月飾りやハロウィンのかぼちゃなどの季節のインテリア雑貨にも用いられるようになっています。

 

組紐アクセサリー

 

組紐は、組台と呼ばれる木製の台で、絹や綿の糸を編んで紐をつくっていく手工芸です。仏教が日本に伝来し普及していくとともに、仏具などの装飾品として組紐も広まっていきました。女性の帯締めなどにもよく使われたようです。現在はブレスレットや携帯ストラップなどにアレンジされ、再び注目されています。邦画アニメで空前の大ヒットとなっている映画『君の名は。』ではストーリーの重要なアイテムとして組紐が出てきます。紐を編むのに使う組台を用意するのは大変ですが、今は組紐ディスクという安価で場所をとらない道具があり、これを使えば簡単に組紐を始めることができますので、是非一度トライしてみてください。

 

水引

 

ご祝儀袋に使われている帯状の装飾でおなじみの水引。発祥は日本ではなく、外国との貿易で伝来してきた手工芸ですが、日本の贈答文化を象徴するアイテムとして受け継がれてきました。今は100円ショップでも水引が手に入り、ビーズなどと組み合わせて、ヘアピンやバレッタなどのヘアアクセサリーや、ピアスやブレスレットなどのアクセサリーにもアレンジされ楽しまれています。

 

こぎん刺し

 

日本の伝統的な手工芸としてよく知られているこぎん刺し。発祥は青森県津軽地方です。普段着に木綿を使うことを許されず、織目の粗い麻布を用いていた農民が、その織目を刺繍で埋めることによって服の保温性を高めたのが始まりです。基本は藍染された布地に白い木綿の糸で刺繍を施しますが、今では様々な色の組み合わせでモダンなデザインの作品も多く作られています。色合いによっては今流行りの北欧風デザインとも雰囲気が似て相性が良いことから、近年こぎん刺しは再び注目されていて、ヘアゴムやヘアピン・がま口ポーチ・コースター・ピンクッションなどに広くアレンジされています。

 

再び注目されている日本の伝統

 

古くから日本に伝わる伝統的な手工芸の多くが、現代風にアレンジされて今でもこのように受け継がれています。是非あなたのハンドメイドに取り入れて、日本の伝統を身近に感じてみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です