小学生から始められるクロスステッチ

投稿日2016年11月29日 投稿先 ハンドメイド
クラフト 手芸

刺繍の中でも、クロスステッチは布地の織目を数えながら刺していけばよいので、初心者の方でもとりかかりやすい刺繍です。小学生のお子様でも楽しめるので、雨の日の遊びや夏休みの自由工作などに最適!材料も100円ショップで揃えられるものばかり、材料が全てそろったキットも豊富に取り揃えられているので、是非気軽に挑戦してみましょう。

 

クロスステッチの材料

 

基本の材料は、クロスステッチ針、綿の刺繍糸、織目のはっきりしている布地です。クロスステッチ針は、布の織目を拾いやすいように先が丸くなっていますので、同じように先が丸いこぎん針などでも代用できます。綿の刺繍糸は最近100円ショップでも取り扱われていて、12色などのセットで手に入れることができますので、初心者の方にはオススメです。慣れてきたら、よく使う色などから単色で揃えていきましょう。布地は、刺繍用リネン生地やジャバクロスなどが織目がはっきりしていて扱いやすいです。縦の織目と横の織目の間隔が同じものを選びましょう。縦と横とで織目の間隔が異なると、見本と同じように刺しても縦長や横長の図柄に仕上がります。さらに、大型の図案を刺す場合は刺繍枠があると、刺しやすくなって便利です。

 

クロスステッチの刺し方

 

クロスステッチという名前の通り、×印のように糸をクロスした形に刺していきます。縫い方はこれ一つで、図案の通りに布地の織目を数えながら刺していけばよいので、簡単に見本通りの図案を刺すことができます。手芸店にはクロスステッチ作品のキットが数多く売られていて、クロスステッチ針や必要な色の刺繍糸なども全てキット内に含まれているので、クロスステッチに初めてトライする方には最適です。中~上級者用の大型の額縁作品から、小学生のお子様でもできる小物作品用キットまで幅広く取り揃えられています。

 

クロスステッチ作品の仕立て方

 

クロスステッチを刺した布は、小物からインテリアまで幅広くいろいろな作品に仕立てることができます。仕立てが簡単な小物は、小さい額縁に飾るインテリアや、キーホルダーなどです。刺繍を施した布地を額縁やキーホルダー用の枠にはめるだけであっという間に完成なので、お子様にもオススメです。布地を簡単に縫えばティッシュケース、ファスナーを取り付ければポーチ、がま口金具を取り付ければがま口にもできます。作品の全面に刺繍をしてもよし、ワンポイントやライン状に作品の一部のみに刺繍をするのも可愛いですよ。また、数週間~一ヶ月ほどかけて刺す作品にはクロスやクッション、さらに何ヶ月もかけて刺す作品には、大型の額縁作品などがあります。作品のサイズが大きく、何色も色を使い分ける必要がある作品は、その分たくさんの期間を必要とします。簡単な小物でクロスステッチのコツをつかんだら、ぜひ大型の作品にも挑戦してみましょう。何ヶ月もかけて刺し終わった時の達成感はかなりのものですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です