小さなボックスの中にあなたのお店を開店させよう~レンタルボックスショップ

投稿日2016年11月29日 投稿先 ハンドメイド
クラフト 手芸

自分の作ったアクセサリーや雑貨などのハンドメイドアイテムをお店で販売できたらなと思うことはありませんか?Creemaやminneなどネット上で売るのも手軽で魅力ですが、お店で実際にお客様に作品を手に取って買ってもらうのも想像するだけで素敵ですよね。それが手軽に叶えられるのが「レンタルボックスショップ」です。

 

レンタルボックスショップとは?

決められた一定の大きさの箱型スペースを借りることができ、その中にハンドメイド作品を自由にディスプレイして販売することができます。ショップに行くと、ロッカーのようにたくさんの箱型のスペースが並び、一つ一つのスペースの中がそれぞれの作家さんの世界感あふれる素敵な空間になっているのがわかりますよ。販売は委託販売という形でショップに委ねるので、作家がショップに行くのは、作品の納品や入れ替え、売り上げの受け取りや利用料金の支払い時などになります。月々の利用料金は、スペースのサイズにより決まっていることが多く、また売り上げの数%をお店に収める形が多いです。

 

販売するための作品作り

お金を払って買ってもらうので、作品のデザインから糸や金具の処理などにも気を配った丁寧な作業が求められます。値段の付け方は、一般的にはかかった材料費の2~3倍が相当ともいわれますが、かかった手間や材料費の高さなどでもだいぶ変わってきますので、ネットで同じ作風の作品の相場をよく調べてみましょう。

 

値札やショップカードもオリジナルで

レンタルボックスでの販売に必要なのは作品だけではありません。値札やショップカードも必要になります。たかが値札と思うかもしれませんが、値札も作品に合わせてオリジナルで作ると、作品やスペースの雰囲気にマッチして雰囲気を壊しません。そして重要なのがショップカード。可愛いショップカードはつい手に取りたくなるもの。あなたの作品や活動とお客様をつなげる大事なツールでもあるので、是非オリジナルで素敵なショップカードを作ってみましょう。カード型のプリント用紙を使ってパソコンで自作しても良し、また最近はスマホアプリでも手軽に上質なショップカードを作成・注文することができますよ。

 

素敵なボックス空間を作るには?

ただ作品をスペースの中に置けば売れるというわけではありません。作品自体の魅力はもちろんのこと、スペース内の雰囲気作りも重要です。作品を飾るためのディスプレイ用品やデコレーションにもこだわってみましょう。限られたスペースの中により効率的に作品を置けるようにスペース側面や天井面も活用してくださいね。またスペースの位置を選べるようなら、作品がより良く見えるところを選ぶのも重要!アクセサリーだったら、なるべく日当たりの良い位置のスペースを選ぶと、日光を反射して作品がより輝いて見えますよ。

 

レンタルボックスショップの探し方

作品の納品や売り上げの受け取りなどでショップに通うことになるので、通いやすいところにあるショップを選びましょう。ショップによって遠方の場合は、作品の郵送対応や、お金のやりとりを振込で行ってくれるところもあります。ブログやSNSなどで、納品された新作の紹介や、新規のボックス利用者を募っているショップが多いので、是非検索してみましょう。最近はレンタルボックスショップだけでなく、カフェの一角にレンタルボックスコーナーが設置されているところも多いです。お好みの雰囲気のショップをまずは一度訪れてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です