子どもと一緒に楽しむハンドメイド

投稿日2016年11月29日 投稿先 ハンドメイド
クラフト 手芸

幼稚園や学校が長い休みに入ると、一日中お子様と何をして過ごそうか困ってしまうママさんも多いのではないでしょうか?そんな時に最適、子供と楽しむハンドメイドをご紹介します。安価に手に入る材料で、お子様にもわかりやすく作れるハンドメイドを集めてみました。夏休みの工作にもいいかもしれませんね!

 

デコレーションフォトフレーム

 

100円ショップでも手に入るシンプルなフォトフレームを、お子様のお好みのシールやリボン、木の実や貝殻などの自然の中で拾い集めた素材などでデコレーションしてみましょう。夏休みに海で拾った貝殻を使ってデコレーションし、夏休みに撮った写真を中に飾れば、フォトフレームごと夏休みの思い出のアイテムになりますね。決まりは何もないので、お子様の好きなようにデコレーションできるのが魅力です。丸いどんぐりなど、接着面が小さくて安定しないものはグルーガンを使うと便利です。グルーガンは100円ショップでも手に入る便利な道具で、樹脂でできていてスティック状に固められているボンドを熱で溶かしながら接着できます。出した接着剤は速乾性がありだんだん固まっていくので、出したらすぐに接着するようにしましょう。ただし、電源の入ったグルーガンも出した接着剤も、高温で大変危険なので、小さなお子様と作る時はグルーガンを使わずに済むような接着面の多いデコレーション素材を選ぶようにしてください。

 

プラバンキーホルダー

 

昔からおなじみのプラバン。昔は、黒い油性ペンで絵を描いて焼くものがほとんどでしたが、今はカラーの作品が主流!まずオススメなのが色鉛筆やパステルを使って着色する方法です。プラバンに絵を描いたら、ひっくり返した裏面に少しヤスリをかけて、色鉛筆やパステルで色をのせます。ヤスリをかけることによって、表面の傷に色鉛筆やパステルの細かい粉が入って良く色がのりますよ。ちなみに焼くと色は濃くなります。パステルは100円ショップで手に入れることができ、単色ではなく12色セットなどで売られているのでとても嬉しい素材です。また、もう一つおすすめなのは、家に余っているマニキュアです。これも裏面に色をのせます。描き間違えたところは除光液で落とせますが、アルコールが肌についたり香りがあるので小さなお子様は気をつけてくださいね。乾くのに多少時間はかかりますが、手持ちのマニキュアを無駄なく利用できるので便利ですよね。あとは、アクリル絵の具やポスカも着色が簡単でオススメです。特にポスカは元々濃い目の色ですが、プラバンは焼くと縮むのでさらに色が濃くなり、大変鮮やかな色合いになります。お子様の扱いやすい道具でカラーのプラバンを楽しんでくださいね。

 

UVレジンアクセサリー

 

UVレジン液という、樹脂でできていて紫外線で硬化する液を使って作るアクセサリーです。ミール皿というアクセサリー用台座にUVレジン液を流し込み、スパンコールなどのデコレーション用素材を配置して、晴れの日に1時間ほど外に置いて硬めれば、光り輝くアクセサリーパーツができあがります。ミール皿にアクセサリー用金具を取り付けることで、ネックレスにもイヤリングにもなります。UVレジン液やミール皿は100円ショップで手に入れることができ、最近のUVレジンの流行により、UVレジン用のデコレーションパーツもバリエーション豊富に売られていますので、材料集めからお子様と楽しんでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です