入園・入学グッズを手作りのススメ

投稿日2016年11月29日 投稿先 ハンドメイド
クラフト 手芸

毎年4月の入園・入学シーズンに様々必要になるお弁当袋や手提げバッグなど。最近は園・学校によっては、サイズや素材や形を細かく指定されていることも多く、必要なものを全て揃えるにも一苦労ですよね。既製品で揃えるのもちろんアリですが、少しでも手作りで・・・と考えている方にいくつかおすすめの方法があります。布地から選んで一から手作りする以外にも、働いていて忙しいママ向けの手作り方法もありますよ。

 

忙しいママへ~既製品にオリジナルネームラベルやアップリケをつける~

 

仕事をしていて忙しいママや、乳幼児のお子様のいるママにとっては、ミシンを出して作業をすること自体とても難しいことだと思います。そんな方にオススメなのが、このカンタンハンドメイド♪指定されたサイズや素材に合う既製品が見つかればそちらを購入し、ネームラベルやアップリケを追加で付ける方法です。これなら、手間はアイロンで数分作業するだけ!お子様の好きなキャラクターがある場合、そのキャラクターのちょうどいい既製品が見つからなくても、ネームラベルやアップリケでそのキャラクターを付けてあげればお子様は大喜びです!少しの手間で、お子様大喜び、世界で一つのオリジナルグッズができちゃいます♪

 

時間のあるママへ~布地を選んで一から製作~

 

時間があるママさんには、布地選びからお子様と楽しんで手作りしていただくことをオススメします♪手作りの良い所は、園・学校の指定サイズに自由に合わせられること。そして、お弁当袋から体操着袋や上履き袋まで全て同じ柄で揃えれば、例えばまだきちんと字の読めない年少さんでも、すぐに自分の物を覚えることができます。特に幼稚園・保育園に入園したての頃は、お友達の物を間違えて持って帰ってきてしまうこともあるので、「あの柄は○○ちゃんの物だ」と周りに覚えてもらいやすいようにしておくのも、一つのポイントですよ。また、お子様の好きなキャラクターやリクエストに応えやすい点も手作りの良い所です。女の子だけど乗り物柄が好きだったり、男の子だけどお菓子の柄が好きだったり・・・と一風変わった好みの場合、なかなか既製品でそれに合うものを見つけるのは難しいです。ですが布地だと意外とあるんです!ピンクや赤の乗り物柄や、青や黒のスイーツ柄!このように布地は既製品に比べて柄のバリエーションが豊富なので、お子様の好みに細かく合わせられ、他のお子様の持ち物と柄がかぶってしまうなんてことも防げます。

 

既製品と手作りを組み合わせる

 

例えば、巾着状の体操着袋にさらに持ち手がついているタイプのものなど、複雑な作りの物を指定されることもあります。そういった場合は、簡単に作れる物だけ手作りし、作るのが難しそうなものは既製品を購入するのも一つの手です。手作りにこだわるあまりに無理をして、いまいち完成度に納得がいかない・・・なんてことになってはせっかくの手作りの喜びや達成感も半減してしまいます。無理をせずに出来る範囲の手作りで、楽しみながら入園・入園準備を進めてくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です