世界中の刺繍は2種類に分けられる~区限刺繍

投稿日2016年11月29日 投稿先 ハンドメイド
クラフト 手芸

ハンドメイドを楽しむ人の中でも特に昔から年代を問わずに親しまれている刺繍。ポーチなどに仕立てて使ったり、額縁仕立てにしてインテリアにしたり、幅広く楽しめるのがその魅力です。そんな刺繍、とても多くの種類がありますが、実は大きく2つに分けられるというのはご存知ですか?そのうちの一つは「区限刺繍」というものです。

 

区限刺繍とは?

 

区限刺繍とは、布の織目を利用して刺繍していくことで図柄を表現するやり方のことです。ちなみに区限刺繍の反対は「自由刺繍」といい、図案に沿って刺繍していくことをいいます。ちなみに区限刺繍と自由刺繍が合わさったやり方をする刺繍もあるようです。それでは、世界各地にどのような区限刺繍があるのでしょうか?

 

クロスステッチ

 

日本でも広く親しまれ、小学生の夏休みの自由課題などでも人気のクロスステッチ。このクロスステッチはトルコで発祥し、ヨーロッパ各地に伝わったとされています。日本で知られるようになったのは明治頃です。布地の織目を×印に縫い進めていくのが特徴で、単純作業だからこそ小学生などのお子様にも気軽にチャレンジできる手法です。

 

こぎん刺繍(こぎん刺し)

 

こぎん刺しは、日本の青森県津軽地方が発祥です。藍染めされた麻の野良着に白い木綿糸で刺繍することによって、布地の粗い織目が縫い目で埋められて保温性が高まるということで、実用的に用いられていた手法です。現在は布地も糸もカラーバリエーション豊富に楽しまれており、色の組み合わせによっては流行りの北欧風にもなるということで、注目されていますよ。

 

アッシジ刺繍

 

ちょっと聞き慣れないかもしれない「アッシジ刺繍」。実はこのアッシジ刺繍は、おなじみクロスステッチを用いています。発祥もクロスステッチと同じヨーロッパのイタリアです。ただし私達がよく目にするクロスステッチとは刺繍されている部分が逆で、図柄以外の部分がクロスステッチで埋められているのが大きな特徴です。図柄が黒い糸で縁取りのように縫われ、内側の図柄部分は布地のまま残し、外側を色つき糸のクロスステッチで埋めています。縁取りの黒・図柄内側の白・図柄外側の色の3色のみで構成されているのも特徴です。

 

スウェーデン刺繍

 

スウェーデン刺繍は、スウェーデンをはじめとするヨーロッパ全土で親しまれている刺繍です。布地の織目の表面をすくいながら縫い進めていきます。図柄に応じて上の段の織目や下の段の織目をすくっていくので、自由刺繍のようななめらかな線の図柄も表現できることが特徴です。

 

ドローンワーク

 

ドローンワークもまた耳馴染みがないかもしれませんが、その発祥は4世紀頃で、中央アジアからヨーロッパにかけて広まっていったとされています。布地の横糸・縦糸を部分的に抜き取り、空いた織目に別の糸で刺繍などを施すことで図柄を表現していく手法のことをいいます。この通り、同じ区限刺繍の中でも布地の織目の使い方が様々で面白いですね。クロスステッチやこぎん刺しが好きな方は、「区限刺繍」で検索してみると、すんなりトライできる刺繍が他にも見つかると思いますので、是非お試しくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です