ビーズでキラめくアクセサリー作り

投稿日2016年11月29日 投稿先 ハンドメイド
クラフト 手芸

子供から大人までたくさんの人に親しまれているビーズアクセサリー作り。他のハンドメイドに比べて、ビーズやパーツがどこの手芸店でも手に入りやすく、また保管がかさばらないのも嬉しいですよね。小さなお子さんでも作れるポップな可愛らしいアクセサリーから、ウエディングでも使われるようなワンランク上のアクセサリーまで、素材やパーツによって様々な雰囲気のアクセサリーが思いのままに作れますよ。

 

紐に通すだけのカンタンブレスレット

 

紐に好きなビーズを通して最後に結ぶだけで、簡単にブレスレットが作れちゃいます。太めの紐と穴が大きいビーズを選べば、針はもちろん工具も必要ないので、お子さんの手で簡単かつ安全に作れますよ!今は100円ショップでも、プラスチックや木など子供の手で扱いやすい素材のビーズがたくさん売られています。のびるテグスなどののびるタイプの紐にすれば、サイズもより自由自在です。お子さんがビーズやパーツを誤って飲み込んでしまわないように気を付けながら、親子でビーズアクセサリー作りを楽しんでみましょう♪

 

ピンを使ってゆらゆら輝くピアス

 

ビーズを通すのは紐だけではありません。TピンやQピンといったピンにビーズを通し、ビーズが落ちないようにピンの先を丸めることで一つのキラめくパーツができあがります。そのパーツにピアス金具をつなげるだけで簡単にオリジナルのピアスが完成です!同じ要領でもちろんイヤリング金具にもつけられます。ピンにビーズを通して丸める工程を覚えれば、ビーズアクセサリー作りの幅は一気に広がりますね。ピンを使ったパーツを長くつなげることでネックレスにもなりますよ。ゆらゆら揺れるビーズは上品なキラめきを生み出してくれます。

 

ビーズを「編んで」作るリング

 

ビーズはただ通していくだけではなく、「編む」こともできるんです。「編み図」を見ながら、テグスに決められた数・色のビーズを通したり、ビーズの中でテグスの端っこ同士を交差させたり、すでに編んだビーズの穴にもう一度テグスを通したりして「編む」ことで、素敵な模様や立体までも作ることができます。一見複雑そうですが、「8の字編み」という一番シンプルな編み方を繰り返すだけでも可愛いリングがあっという間に完成しちゃいます。幼稚園や小学生のお子さんでも楽しめるカンタンさですよ。

 

本物の輝きを…ウエディングアクセサリー

 

安価な材料でお子様から楽しめるビーズですが、こだわりの素材・パーツを使って、繊細かつ上品なウエディングアクセサリーを作ることもできます。高級ガラスから作られたオーストリアのスワロフスキービーズ、本物のシルバーパーツ、真鍮に金張りを施したゴールドフィルド、天然素材の淡水パール、イタリアのヴェネチアンビーズなどなど。これらの上質な素材で作られたビーズやパーツで、最近はネックレスやティアラなどをドレスに合わせて自作する方も増えているようです。ワンランク上のアクセサリー作り、あなたも挑戦してみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です