かぎ針編みを極めよう

投稿日2016年11月29日 投稿先 ハンドメイド
クラフト 手芸

ハンドメイドのオーソドックスなジャンルである編み物。一昔前はおばあちゃんやお母さんが夜なべして手袋を…のイメージでしたが、今は年代を問わずたくさんの人に親しまれています。そんな編み物には大きく分けて2種類、かぎ針編みと棒針編みがあります。編み物全般を楽しむのももちろん良し◎ですが、かぎ針と棒針それぞれに異なる特徴をもつ道具なので、得意な方をきわめてみるのも面白そうですよ!

 

かぎ針編みの特徴

先端がカギ状に曲がっている手のひらサイズのかぎ針。小物や平面のものをちょこちょこ編んだり、小さなモチーフをたくさん編んでつなげる作品もよく作られています。ちょっとした空き時間に小物を作ったり、持ち運びもしやすくて手軽に取り組むことができます。編み物初心者はまずかぎ針編みから入るパターンが多いのではないでしょうか。その手軽さから、小学生くらいのお子様からでも始めることができますし、最近では子ども向けのセットがおもちゃコーナーに売られていて、幼稚園生くらいの小さなお子様がお母さんやおばあちゃんと一緒に遊んでいることも!では具体的にどのような作品を作ることができるのでしょうか?

 

コースター

かぎ針編みの基本の編み方「こま編み」を円状にグルグル繰り返していくだけで、立派なコースターができちゃいますよ。円の形を利用して、1周~何周かごとに毛糸の色を変えると手軽に素敵な模様を作れます。ちょっとした時間で1枚編み上がるので、様々な模様のバリエーションを楽しんでみましょう。

 

ヘアバンド(カチューム)

今若い女性や子育てママさんの間で流行りのヘアバンド(カチューム)を編むこともできます。毛糸自体、編んだ時に多少の伸び縮みが出る素材なのでピッタリ!特に秋冬には見た目にも暖かい毛糸のヘアバンドはオススメですよ。

 

ストール

基本の編み方2種類を組み合わせて編んでいく「方眼編み」。字のごとく、方眼紙のようにマス目状に編めるのが特徴です。マス目を埋めたり空けたりすることで模様を作っていくので、毛糸の色を変えなくても様々な模様を生み出せます。この方眼編みでよく作られるのがストールです。マス目状の網目が繊細な印象を与えてくれます。かぎ針編みでもこれくらいの大きな作品が手軽に編めるんです。

 

帽子

かぎ針で編めるのは平面だけではありませんよ!帽子のような立体の作品も作れるんです。網目を増やしながら規則的に同じ編み方を繰り返していくだけでも簡単にニット帽が作れます。寒い時期のおしゃれに、手持ちの服に合わせて様々な色・模様のニット帽を手軽に増やせますね。また、秋冬のニット帽だけでなく、クラフト用の糸で編めば、春夏の麦わら風の帽子まで編めちゃいます。一般的な毛糸以外の素材でも編むことができるんです。ちょっとした小物だけでなく、大きなものから立体の作品、様々な素材の糸も使うことができ、思っているよりも幅広くかぎ針編み、楽しめそうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です